1号2号実地研修

実地研修の申込書はこちら

予約は不要です。ただしくりはら介護塾へ指導を依頼する場合は事前にご確認ください。

必要書類が揃いましたらくりはら介護塾までお送りください。(申込方法・流れは下のパートにあります)



ダウンロード
1号2号実地研修申込書
■1号2号実地研修申込書2204.doc
Microsoft Word 64.5 KB

ダウンロード
実地研修用指示書
主治医に実地研修用の指示書を依頼します。文書料は無料のところもあれば、2000~3000円ほどかかる場合もあります。
■実地研修用指示書■.docx
Microsoft Word 21.5 KB

ダウンロード
利用者同意書
実地研修前に、利用者本人またはご家族から、実地研修の同意を得てください。
■利用者同意書■2106.doc
Microsoft Word 33.0 KB

ダウンロード
1号2号指導者承諾書
訪問看護師、自施設看護師等に指導を依頼している場合に必要な書類です。
くりはら介護塾で指導を行う場合は不要です。
◆1.2号指導承諾書(兼依頼書) 2206.doc
Microsoft Word 48.0 KB

ダウンロード
1号2号実地研修評価票・評価方法
実地研修を行う項目について、必要枚数を印刷してください。
評価方法・記入見本も印刷の上指導者にお渡しください。
1.2号実地研修評価票.xls
Microsoft Excel 986.5 KB


こちらの書類は研修が終了し、実際のケアに入る場合に使用するものです。適宜ご利用ください。

       ↓


ダウンロード
実際のケアに入るための指示書
研修が終了し、実際にケアに入る場合には、こちらの指示書が必要です。
■喀痰吸引等ケア用指示書■.xls
Microsoft Excel 41.0 KB

ダウンロード
喀痰吸引等計画書
くりはら介護塾への提出は不要です。ケア用の計画書を作成しておくことが必要です。計画書のフォーマットは適宜変更してお使いください。
■たん吸引等計画書■.doc
Microsoft Word 46.0 KB

ダウンロード
主治医への報告書
くりはら介護塾への提出は不要です。吸引等の指示書を受けている医師に、定期的に報告書を提出することが必要です。報告書のフォーマットは適宜変更してお使いください。
■喀痰吸引等業務実施状況報告書.doc
Microsoft Word 58.0 KB



実地研修 申込方法・流れ

 

 

①「1号2号実地研修申込書」「主治医指示書」「利用者同意書」「指導者承諾書(くりはら介護塾が指導の場合は不要」が揃ったらくりはら介護塾へメール添付、FAX、LINEで送ってください。

  ↓

②指導者と調整の上実地研修を実施します。

 実地研修の際には「1号2号実地研修評価票」を必要枚数印刷の上指導者にお渡しください。

  ↓

③指導者よりくりはら介護塾へ評価票をメール添付、FAX、LINE等で送信いただきます。

  ↓

④受講者に「修了証」をお送りします。

(請求書に関しては、基本研修から受講の方は全て終了後に、それ以外の方は最初にお送りいたします)

  ↓

⑤介護事業所は都道府県に認定証交付手続きを行います。

 手続きに関して不明な点は宮城県の担当者にご確認ください。

 ※宮城県の場合以下の課が窓口です

  第1号2号研修→宮城県長寿社会政策課 022-211-2549

  第3号研修→宮城県障害福祉課 022-211-2543

   ↓

⑥県から認定証(資格者証)が交付されます。大切に保管してください。